12.30
Fri

日本人を母に持つドイツ生まれの人と話す機会があります。2人とも勿論日本語達者なわけですが、日本語からドイツ語ないしは英語に瞬時に訳せるか、となるとなかなか難しい。

日本語で話しててもついついドイツ語の単語が出て来る。私も若干丁寧で平易な日本語で話すようになってしまう。


最近ブルガリアで会った日本語の喋れる2人は、大学の日本語学科で学んだ後日本の大学院も卒業してさらに仕事でも日本語を使っている。彼女達の日本語はほぼ完璧で、語彙がめちゃめちゃ多い。


こんな小さな範囲の体験から結論を導き出すのは申し訳ないけど、想像するに、家庭で母親と話すことなんて、実は限られているんではないかな。それは自分を振り返ってみてもそうだけど、家庭で話すよりも学校や友達との中で会話の技術は磨かれてたような気がする。


やっぱり語学は勉強したり、複雑な文章を書いたり話したりしないと磨かれないんじゃない?


なんでこんなこと考えているかと言うと、自分の語学力がさっぱりだから。

まもなくドイツに来て4年。

大概のことは意思疎通問題ないし、ドイツ語も英語もあきらかに上達はした。

しかーし。

お母さんがドイツ人の2人の日本語力にも勿論およばないし、大学できちんと勉強した人達の日本語力なんて更に足元にも及ばない。

これは、いくら長く居ても今のままでは変わらないんじゃないかとふと思った次第。


IMG_0895.jpg


本日は寝てばかり居たジュータ。

起きて来ても眠そうだにゃあ。



いつもありがとうございます!!ポチっとおねがいしますにゃ
 ↓
 banner_2014080301012504d.png にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
11.28
Mon
夫がタンデムの日に急な仕事。
軽い気持ちで「私が代理でいこうか〜?」と言ったら、本当に行くことになってしまいました。

朝8時台に出かけるなんて久しぶり。
ドイツ語の学校に通っていたときは毎朝こんなだったなと懐かしく。
氷点下の日の出。美しいです、が、寒い〜〜。手袋忘れて手が痛い。

「何話そうかなあ〜〜」
と考えながら自転車をこいでいると、財布を忘れたことに気がつきました。
どよよん。
戻ると時間に遅れてしまうし。
借りるしかあるまい。

初対面なのに、カフェのコーヒー代建替えてもらいました。
明るい楽しい人で良かった。。。

タンデムといっても、ほとんど向こうが喋っていました(ドイツ語も日本語も)。
レベルで言うと私のドイツ語の方がだいぶ上な感じですが、話そうと言う熱意は向こうのが強い。
1時間ドイツ語、そのあと1時間を日本語であーっと言う間でした。

慣れないことだったけど、楽しかったので、また夫がNGの時には行きたいと思います。

IMG_0647.jpg

IMG_0648.jpg

寒いけど天気はいいですね〜。太陽万歳。

昨日の猫さん訪問は実現せずでした〜。
連れてこようとしたら、もうお休み体勢だったそうで。
残念〜〜〜



 いつもありがとうございます!!ポチっとおねがいしますにゃ
 ↓
 banner_2014080301012504d.png にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
comment 0 trackback 0
06.27
Mon
二つ前のブログに書いた、ドイツ語のテキスト。
日本語を作るのにまず数日。
そして、日本語からドイツ語へ二日。
元々腰に来るタイプの夫氏、久しぶりに集中して一日机に座ってたので背中をぎっくり。
なんとかかんとか形にはなりましたが。。。

さて、ドイツ語としてのニュアンス、言い回しチェックを誰に?

思い浮かぶドイツ語のアカデミックな背景のある直接の知人、2人。
普通ならおそらく頼んでいただろうMちゃんは、現在イギリスでの学会発表前とのこと、、頼めん!
(あ、Mちゃん見てるかな?発表頑張ってね!!)
1人は1年前にとあるイベントの手伝いで出会ったベルリンの大学を出たてのアート系イベントなどの企画をやっている女の子。名刺交換はしたけれど、1年前に会って以来音信不通。

締切りは火曜の昼。。。。
結構頑張って訳したし、2人で見直してなんとかかんとか、これで出しちゃうか!
と、思った時に、ふと、もう1人思い出しました。

今一緒に仕事しているドイツ人の知合いで、キャリアのあるドイツ語ー日本語の通訳さん!!!
2度程そのドイツ人友由来で挨拶程度でお会いしてはいるのですが、直接話したことはない。が、夫はちょこっと話したことがあるという。
この薄いつてに頼ってみようと、ドイツ人友に事情を話、メールアドレスを教えてもらいました。
そして、図々しくも、本職通訳さんに、私達のつたないドイツ語を
「ドイツ人にわからないところがないかチェックしてください」
と、お願いしてみました。
しかも、実質作業は1日!!

金曜日の夕方にまだこちらでの翻訳が終わってなかったのですがメールしました。
on,off のはっきりしてる人だとおそらく土日は返事くれないだろうな。
そうすると、時間的に無理だろう、、断られても仕方ないなと思ってたのですが、、、、、

土曜日一日返信無し。
日曜日朝チェックするも返信無し。
うーむ、やはり図々しいお願いだよなあ。
と、思ったら、きました、お返事。
しかも、期日までに見れるかもなので、ひとまずテキスト送ってくださいと。。。

天使降臨!!!

もう少し簡単で短い文章なら、ドイツ人に直接説明しながら翻訳または校正してもらうこと可能なんですが、今回のように複雑な日本的ニュアンスの長文に関しては日本人にお願いするのが一番です。
そして、じゃあ、翻訳事務所に頼めばいいじゃないか、というと、丸投げするほどの予算が無い、、、。
低予算、または別の労力でお返しできる範囲の知人友人が頼りになるというわけです。

天使さん裏切らない仕事していかないとな。
そしていつかは人の天使になれるようにがんばろう。


IMG_0101.jpg









いつもありがとうございます!!ポチっとおねがいしますにゃ

banner_2014080301012504d.png

にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

comment 0 trackback 0
05.28
Sat
ドイツ語のクラス、B2-2を二回目を最後に学校に通うことを辞めてはや1年半近くたちました。
その間ドイツ語はどうしていたかというととにかく実戦。
生活での手紙やメールのやりとり、書類読んだり、人と交渉したり。
今年に入ってからは仕事でドイツ人と週に最低2回は会っていました。

それでもいまだに話そうとするとしどろもどろ、話したいことがあればなんとか伝えますが、気の聞いたちょっとした間をもたすような会話はできません。
芝居を見にいっても細部はわかっても展開についていけません。

文法も単語も忘れがちだし、もう一回週に一度でも学校通った方がいいかなあ、などと思っていたのですが、先日10ヶ月ぶりに会ったドイツ人が「前にあったときはにこにこしたり相づちうつだけだったのに、上達したね」と言ってくれました。
そうか、私のドイツ語上達しているんしているんだ。
とはいえ、それって来たばかりの外国人が半年後に上達してるレベルのような気もします。
もう丸3年たっていますからね〜。

夫婦で日本人というのもかなりマイナスだと思います。
ドイツ語を使わなくてはいけない環境がドイツ人の伴侶がいたり恋人がいたりする人より少ないですからね。

もっとドイツ語使えるようになりたーい!!

いやしかし、亀のようでも少しずつは進歩していると言うことで諦めずに(周りのドイツ人も諦めないで欲しい)がんばります。

最近センター試験のドイツ語っていうのを見かけたのでやってみたら満点でした。
英語だといまだにこうはいかないんです。
センター(私のときは共通一次)ドイツ語で受ければよかったわ。確実に英語より簡単だと思う。
そんなこともささやかな進歩として自信もってすすまんといけないですね。
続けることが唯一の近道として。

IMG_9994.jpg

鞄をひろげると、お約束。。。

IMG_9997-2.jpg

一緒に行く?


いつもありがとうございます!!ポチっとおねがいしますにゃ

banner_2014080301012504d.png

にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ




comment 0 trackback 0
11.27
Fri
B2終了で学校にいかなくなり早10ヶ月。
ドイツ語現場で話す機会、書類を作ったりメールのやりとりをする機会は増え,格段にドイツ語を読むスピードは早くなったし、耳も発達したと思う。
しかし、会話に関してはどうしてこう遅々として上達しないのか。

最近気づいたこと。

「まわりのドイツ人が私の思考回路を理解しはじめた」

もたもた喋っていれば先回りして「こう?」「ああ?」と、聞いてくれ、文法や単語の使い方間違っていても推測してくれてしまう。
これでは上達しない訳だ!!

慣れた人達だと意思疎通している気になるけれど、慣れていないとドイツ人でもそれ以外でも、なんともぎくしゃく。

仕事で初対面の相手にストレスかけず使えるようになるにはいったいどんな訓練すればいいのだろうか。
来年3月でドイツ在3年。ちょっと恥ずかしいレベルになってきたよ〜〜〜。

FullSizeRender-8-1.jpg

うんこでたよ。



いつもありがとうございます!!ポチっとおねがいしますにゃ

banner_2014080301012504d.png

にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ


ベルリン猫目撃情報情報募集中!記事はこちら
comment 0 trackback 0
back-to-top