08.27
Tue
risu.jpg
見えますか?
木の真ん中あたり。

今日は、学校の近くでリスさんに遭遇。
写真では遠いですが、結構近くまで寄って来てくれて感激。
こういうときに、何かあげられれば、、、と思うのはいかんですね。

しっぽふさふさでした。

(授業のしんどさがいっぺんに吹き飛びました。。)

スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
08.26
Mon
5月の8日間、大家さんの都合で部屋を出なければならなくなりました。
勿論猫も一緒です。

猫二匹と人間二人が泊まれ、あまり語学学校からも遠くならず、リーズナブルなホテル、ということで、日本にいた時に利用していたサイトを使って検索しました。
ペット可のホテルは沢山あるのですが、ペット無料を探すと選択肢はそう多くありませんでした。

いくつか残った候補から私たちが選んだのは、オスト駅からすぐにある OSTEL - Das DDR Hostel。
税込み一泊54ユーロ! でもバストイレは廊下にあり、二部屋で共用。朝食もついていません。ネットも公共エリアのみフリー。写真をみると内装や家具は旧東ドイツテイスト(それが売りのようです)。。。
まあ、贅沢は言ってられません。とにかくこれで路頭に迷うことはなくなりました。

実は猫二匹で予約を入れましたが、移動の4日前にジョイジョイが死にました。
18歳。大往生ですが、最後は獣医さんにかかったり、苦しそうでちょっと可哀想でした。
このことはまた別に書こうと思いますが、突然ジャンゴは生まれてからずっと一緒だった最愛のお母さんを失ってしまいました。
joijoi.jpg
火葬に出してしまったので、ぱそこんに入って一緒に移動です。
ホテルに滞在中に骨になって戻ってきました。



ホテルは、6階建てくらいのアパートまるまるを上手く利用して客室にしているようです。
我々の部屋は一階でした。15畳くらいあってとてもひろい。
でも、部屋には残念ながら冷蔵庫もテレビもありません。
あるのは巨大なベットと巨大なラジオ!!バスタオル類はありましたが、廊下のお風呂に石けんやシャンプーはありません。
なかなかしぶちんです。
まあ、いずれにしろ8日だけだし、猫にやさしいホテルならそれでよし。。。

ジャンゴにはベットの上にお気に入りのクッションをおいてスペースをつくりました。
すぐに気に入ってくれて、だいたいそこにいました。
いままでで一番おりこうなんじゃないかというくらいで、餌も文句言わずたべ、うんちもしっこも規則正しく、夜夜鳴きもせず。。。
写真
わたしお利口でしたのよ。

午前中に外出をするので、掃除が入った時の為に部屋の中に「猫がいるので窓やドアを開けっ放しにしないでください」と、メモしておいたのですが、なんと、清掃は一回も入らなかったです!!(ちなみにバストイレの方はちゃんと清掃してくれてました。)
タオルはお風呂に出しておくと新しくしてくれましたが、シーツはそのまま、、、、多分フロントに言えばやってくれたんでしょうが、わたしたちにとってはかえって好都合だったのでそのまま。ジャンゴにとっても。

ラッキーだったのは、WIFIは公共スペースのみ、とあったのですが、私たちの部屋がその公共のスペースの隣だったこともあってあか、ちゃっかりWIFI繋がりました。
部屋を出てすぐにある共用のバストイレの音がうるさく(普通に一軒のアパートの作りなので音つつぬけ。。。)、部屋変わりたい、とも思ったのですが、インターネットの一件だけでそこに居続けました。
バストイレは、同じフロアの二部屋で共用、とのことでしたが、どうやら廊下を出てすぐの公共スペースにきてる人達もつかっている??チェックアウトの時間に7人くらい連続で入って(数えてる!)、えええー?フロントで、トイレはあそこへ、と、誘導してんじゃないか?疑惑も。
ささっと文句言えばいいんですがね、面倒くさくて我慢してしまいました。
jango.jpg
ベッドひろびろー


色々問題あるある、で、おすすめ出来るかと言うとどうかなあ。。。ですが、犬猫連れで気兼ねなく泊まるにはもってこいだと思います。
自炊派には、キッチンつきの部屋もあるみたいでした。あと、もちろんちょっと値段上がりますが、バストイレ付きの部屋も。
冷蔵庫があるかどうかは予約時に確認した方がいいですね。

ホテル暮らしは楽なようで、なにかと気遣い多いので家に戻ってほっとしました。
しかし、戻ったその日に私は日本に向けて飛び立ちました。
ジュータを連れに!
razio.jpg
家具調?ラジオ。ちゃんと聞けました。

comment 0 trackback 0
08.19
Mon
A2-1クラスが始まって2週間が過ぎました。
なんだか毎日へとへとです。

私たちが通っているのはVHS、通称市民大学。ベルリン市が運営しています。
そこの集中コースで週に4日朝の8時半から12時45分までドイツ語の講座を受けています。

ドイツに移住を決めてからNHKのドイツ語講座を2.5クールくらい聞いていたのですが、こちらに来て使い物にならず、長く住むなら学校に行った方が良いだろうと言うことで通うことにしました。
4月の中旬にA1-1から初め、A1-2の終りで一月の夏休み。
B1終了まで同じ先生のクラスを継続して取ることができ、2度の長期休暇をはさみ、1月末まで続きます。

学校が終わると家に帰って昼食。そして宿題と復習。A2に入ってこの時間が果てしなくかかるようになってきました。
だいたい平均4時間で宿題と復習やまとめが終り、予習を含めると5、6時間は勉強している感じです。。。
幸い土曜、日曜、月曜が休みなので、最低限宿題だけはやって、日々の予定をこなしつつ、週末にまとめて勉強することも。

勉強しにベルリンに来た訳ではないのですが。。。今は目的は最低限にとどめドイツ語取得に励むしかありません。
あと半年。。。

そうそう、新しくきたクラスメイトに日本人がいました。
ワーホリで一年暮らした後に、大学準備ビザに切り替えて滞在しているとのこと。
VHSに通学しても留学のビザは発給されないと思っていたのですが、できるのかな?
何か裏技あるのかな?

さて、明日からまた頑張ります。

写真
じゃまだよーん。


comment 0 trackback 0
08.11
Sun
久しぶりに知らないことにぶち当たりました。

REWEといういつも行くスーパーのレジで、手持ちの現金が少なかったので、銀行のカードのデビットカード機能を使いました。
カードを出した所何か聞かれたのですが、ドイツ語でわかりません。
英語でキャッシュバックできるけどするか?というので、ポイント還元とかなのかなあ、と、「Yes」と言うと、「How much?」。
???
説明受けてもなにやら全然理解できないので、断って家に帰ってきました。

ネットで調べた所、ある一定以上の金額を購入すれば、購入金額込みで200ユーロまで希望の額のキャッシュを引出せる銀行機能のことだったのですね。
日本でデビットカード使ったこと無いし、キャッシュバックといえば、お得な何かと思っていたので、説明されても一向に理解が出来なかった訳です。
はあああ。

ドイツでは銀行や郵便局は24時間(開いていれば)手数料無料ですが、うっかり提携外のATMで引出すと4、5ユーロと手数料がついてしまいます。
実は私たちの銀行の提携している近所のATM、夜や日曜日は閉まってしまうので、この便利な機能、これからは頻繁に使いそうです。

1
遅いとおもったらそんなことしてたのー?

2
あたしたちのごはんちゃんと買って来てよー

comment 0 trackback 0
08.05
Mon
写真


蚤の市で買った自転車の調子が悪くて、このところチェーンが外れる現象が頻発!!

明日から八月の終りまで、ちょっと遠い校舎にドイツ語の授業を受けにいかねばならず(通常は歩いて5分の校舎に通っています)、そのためもあって購入したのですが。。。
朝自転車屋さんに持って行ったら、修理のお兄さんに、「直すとなるとギヤもチェーンも全部替えなければならないから、新しい自転車買えちゃうよ」と言われました。「とりあえず、外れないように動きだしとか気をつけて乗るように」ということで、修理せず帰ってきました。

蚤の市の自転車は自分で修理できないと返って高くつく、といいますが、一緒に買った他の二人の自転車はなんともないので、私だけハズレだったみたい。。。
古いデザインが好きだったんですが。いやはや。

さてさて、明日から片道20分。ちゃんと走ってくれるでしょうか。。。。

comment 0 trackback 0
08.02
Fri
一時帰国したおりに送った船便の荷物が二ヶ月弱で届きました。

1


20キロ3箱と30キロ一箱、税関で止まるのは覚悟していたのですが、4箱同時にDHLのお兄さん、運んできてくれました。
中身は食材や衣類、本、仕事道具、工具等。
なぜか衣類しか入っていない20キロの段ボールだけ開けられていました。。。怪しいのは他だろう(笑)。

猫さんたちにはお待ちかね!シーバのカリカリ。

2

早速おいしいおいしいと食べてました。良かったね!



comment 0 trackback 0
08.01
Thu
ベルリンにきて街で猫を見かけたのはこの5ヶ月で二回。
野うさぎやリスのほうが出会う頻度が多いくらい、猫の姿を見ません。
ペットとしては犬をおさえて堂々1位のようですが。。。

去勢・避妊が徹底していて、かつ野良猫の保護が行き届いているのでしょうか。
街中で猫を見ないのはちょっと寂しいですが、猫にとっては幸せなことなのだと思います。

そうそう、ベルリン郊外にある動物の保護施設 Tierheim Berlin には一度行ってみたいなと思ってます。
日本にもこんな施設ができればいいのですが。
行政の保護=殺処分、無くなって欲しいです。

123

左から)猫タワー最上階でくつろぐー勉強の邪魔!でもどかせない。。。ー去年カッセル中央駅で出会った猫さん

comment 6 trackback 0
back-to-top