FC2ブログ
10.11
Fri
今の部屋を出なければならないと分かりまるっと3週間経ちました。毎日ネットで新着の情報を見て、気に入った物件にメールを送る日々。

写真 のコピー
あたち、手伝ってますの。


前回書いた物件は、やはり返事がありませんでした。
まあ、あの人数の中わざわざ日本人に貸すわけないか、と、気持ちを切り替えて、次に返事のあったWeddingの物件へ(見学その2)。Weddingは学校から遠いし、町の雰囲気が暗いので(あくまで私のイメージです!)最初は外していたのですが、安いのと物件数が多いのとで条件に加えました。
さて、見学。U-6のSchwartzkopffstr.の目の前と、立地条件はいいのですが、アパートの一階が車屋さんで、なんとなくまわりも殺伐としてます。見学は3組。現住民がまだ住んでいました。案内の不動産屋のお兄さんは英語で質問に答えてくれ、とても感じが良かったのですが、家に帰って夫と「条件は悪くないけど、回りの雰囲気がね。。。」と、申込みは見送りました。

次(見学その3)はSchönhauser Allee駅すぐ。アルトバウ。Kautionの他に仲介手数料もあるのですが、家賃はとても安い。これは広告に「何月何日何時から、見学会します。ドアの前に集合!」とあるやつで、競合するとはわかってましたが、色々物件みるのも経験と、でかけていきました。しかし、予想以上の人!アパートの前には30組?40組?(アジア人は私たちだけでした)ぞろぞろと中に入り、階段で順番を待ち、やっと内見。いいおうちでしたが、100%勝ち目がないので、ここも申し込みませんでした。質問すらしなかった。。。
これに懲りて、「何月何日何時から、見学会します。ドアの前に集合!」の物件は全部予定から外しました。そしてまた検索の日々。

見学その4、MOABITの物件です。学校から遠いのですが、私たちはこのあたりわりと気に入っているのででかけてみました。にぎやかなGotzkowskystr。こっちに住むといままでの文化圏ー東側、中心がアレックスーから西側のZOOあたりが中心になる感じ。生活が変割る予感。。。
重厚なアルトバウで、特に夫が気に入った模様。管理人のおばさん(おばあさん?)と、猫が飼えるか、給与証明はないけど、残高証明でいいか、など和やかに会話。5、6組見学している中で、申込用紙を貰って帰ったのは私たちの他に2組くらいだったので、これはいけるかも!と、帰ってその日のうちに申込書と必要書類をメールで送りました。しかし。。。3日経ちますが、音沙汰(着信の返事すら)ありません。かなりの個人情報渡してるんですが。。。

この日はもう一件、Weddingの物件(見学その5)にも続けて行きました。ここは駅から近いのに、随分繰り返し物件情報が出ていたので、もしかしてチャンスあるかも!静かな団地です。トルコ人が多く住んでいるようです。建物は古く、外見は暗い。多分その割に値段が高いのが人気のない理由なんでしょうか。時間になってもライバルは現れません。初の単独見学です。中に入ってみると明るく、広く、悪くない物件でした。不動産屋の女の人はドイツ語しか喋れませんでしたが、がんばって私たちもドイツ語で自分たちの状況を説明し、用意していった書類を渡しました。書類を吟味し、明日連絡する、と言われにこやかに分かれました。なにやらもう家探しも疲れてきていて、ここで決まればそれはそれ、いいか、という状況だったのですが、、、翌日連絡はありませんでした。
え、ここも駄目?私たちの何が悪いの?

日本人、フリーランス。英語もドイツ語も完璧ではありません。まあ、信用されないでしょう。
しかし、フリーランスで会社の所得証明が無くても、残高証明で家を借りている人はいます。
私たちにはしかし、実に欠点がありました。それは、英文の残高証明ですが、日本を出る時に取ったので、古い。かれこれ7ヶ月。今から取り直してもいいのですが、ドイツと日本にお金が分散されているし、時間がかかるのですぐには用意できない!
なんとかなると思っていたのが甘かったでしょうか。

やはり、日本人相手のコンサルに頼むか、日本人相手の不動産屋で高めの物件に甘んじるか。。。。普通にドイツ人と同じ土俵で家を借りるのは無理だったか。。。。

実は打ち拉がれている翌日、日本人経営のアパートの部屋の見学を入れていました。これはたまたま見た日本のサイトで見つけたのですが、他の日本人相手の物件に較べると値段は良心的。契約は、ドイツのアパートを借りるのと同じ。利点は日本人が借りる場合、書類審査は不要! これは私たちにとって願っても無い物件?

翌日にその見学を控えた夜、一件のメールが。
随分前に見学の希望を送ってあった、今住んでる場所の近所の物件!通るたび、夫と「このアパートいいねえ」と、言っていた物件です。サイトに広告が出た時は、喜んだのですが、場所がいいし、私たちには縁がないかなと諦めてました。電話くださいとのことだったので、即電話。見学の予約ができました。日本人経営のアパートの後、連続見学です。

どっちかに決まって欲しいです。。。(つづく)

写真
「ありがとう。でもじゃま。。。」










関連記事
スポンサーサイト



comment 0 trackback 0
back-to-top