01.25
Sat
ドイツ語インテンシブコース、7ヶ月のゴール、DTZ試験B1レベルを受験してきました。
朝9時前から、ヒヤリング25分、リーディング45分、作文30分、そして休憩をはさんで2人組にされ個室での16分の会話。

一部屋12人、幸いにも名前のABC順で夫と同室、一番乗りでヒーターとラジカセの真ん前(ヒヤリングに有利との情報!)の席をとり、会話のペアも夫と組むことができ、ラッキー!と、喜んでいたのですが、、、、、

試験が始まると、途中後ろの方の席の受験生が何やら先生に質問、一つヒヤリング問題を聞き逃してしまいました。
そのあと、リーディングになると、二人居る先生がこしょこしょ話し出し、集中が。。。。

それでもなんとかいつもよりは良くできたかな、と、思って作文に進むと、得意なテーマ!
やった! これは何回も練習してきたやつだ、と喜ぶもつかの間、設問の中に知らない単語が!!しかもこの単語がわからないと作文が書けない。
作文のテーマは二つあり、好きな方を選んでいいので、もう一つをみると、過去問題でもやったことがないようなテーマ。しかし、設問の中にわからない単語はない。。。。泣く泣く二つ目を選びなんとかかんとか書き上げました。

そして会話。
まずは自己紹介。名前、出身、現在の住所、仕事、家族、話せる言語など指示の紙をみながら話します。
これはまあ準備どおり。しかし先生から仕事についての質問をされ、答えたのですが、「わからない(がーん!)」と、言われて言い直したり。。。
次は出された写真について解説する。これもたくさん色々なパターンで練習してきました。スポーツ、買物、読書、コンピューター、ゴミ、カフェ、、、、。
しかし、出てきたのは、スーパーマーケットのレジに並ぶ人々。。。。ああ、これはかなり昔授業でやってできなかったやつ!!説明中にかなりの沈黙が。。。。
説明の後は先生の質問。普段どこで買物するか、日本とドイツではどうちがうか、など。挽回しようと必死で文法めちゃくちゃでしゃべりました。自爆。。。
最後はパートナーと一緒に一つのテーマについて相談します。
我々に与えられたのは、「親戚が来るのでどこか連れて行かなくてはいけない」というテーマ。
この、「親戚」が最初思い出せず、あたま真っ白。会話の中で、ああ、と、思ったのですが、与えられた設問全部話す前に時間切れ。

いい所無し!!!

おそらくヒヤリングとリーディングは合格点、作文はぎりぎり、会話は不合格、だと思います。総合的に、会話の配点が高いので、、、駄目だろーなあ。。。

3年後くらい度胸ついた頃にまた受け直そうと誓った試験でした。
とほほ。

追記:作文でわからなかった単語は「領事館」でした。「領事館」に行く理由を書け、という設問でしたが、検討もつかず、あきらめたのでした。




スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
01.18
Sat
元旦から風邪で寝込み、直ったと思ったら学校が始まり、授業も佳境、月末のテスト勉強も佳境、、、と、あっという間に一月も半分過ぎてしまいました。

人間のストレスとは別に猫たちはマイペースで相変わらず幸せそうです。

写真 2

写真 1

かなり規則正しい日常を送っている最近、学校の帰りにちょっと友達の家で勉強して夕方帰ってきたら部屋の中からジュータの鳴き声。靴をぬぐのももどかしくドアを開けると二匹が大歓迎。
こんな歓迎されるならたまには遅く帰ってくるのもいいかな?猫にとっては迷惑かな?
いやいやどうせずっと寝ていたんだろうけど。。。

遅くなりましたが今年もどうぞよろしく。多分まだベルリン暮らし続くと思います。

そういえば日本からまた荷物を送ってもらいました。今度はSAL便。
さて、ちゃんと届くかな??

comment 0 trackback 0
back-to-top