FC2ブログ
08.31
Wed
昨日のこと。

二駅先の友達の家に夕飯によばれたので、私は自転車、ちょっと体調のよろしくない夫は電車ででかけました。
じゃあ現地でねー、と出発、途中のBIO屋さんで赤ワインを買って、リュックに背負い、調子良く自転車にに乗っていたところ、突然目の前に停止した車。
慌ててブレーキを踏んだが転倒。背中から大きく倒れてしまいました。

わさわさーっと女の人達が寄って来て、歩道に寝かされました。
背中のワインは割れて道路にはまるで血のような赤い液体が。。。
(倒れた後悲鳴があがった。いや、赤ワインですんで、)

車からは運転手も出て来た様子。

しばらく寝ていて、これは骨折とかは大丈夫かな、でも尻が痛い。
あと頭が重い。と、起き上がろうとすると、ふらふらで体を起こしていられない。

とにかく、友達の家に向った夫に電話せねばと携帯を取り出すと、倒れた衝撃か、充電が元々なかったのか、電源が入らない。。。。電話番号は自分の番号すら携帯見ないとわからない。。。

心配するだろうなと思っているうち、救急車がやってきて、病院に搬送されてしまいました。。。

救急救命センター的なところに運ばれ、触診、エコー、レントゲン。足元には割れたワインの入った濡れた鞄。
レントゲンの結果が知らされた時にはすでに家を出てから3時間くらいたっていました。
ひとまずは、どこも骨折はしてないから、帰っても大丈夫だけど、誰か迎えにくる?と聞かれたので、
夫に電話したいけど、携帯が切れていて番号もわからずかけられない、というと、iPhoneのコード探してきてくれたのですが、悲しいかな、私のiPhone古くて仕様が違う。

自力で早く帰らないことには夫も友達も心配している。
帰っていいと言われてから、待っても待っても声がかからず。
2時間ほどたって「内蔵の出血はゆっくりすすむので、あと10分程待って、もう一度エコーで見ます」との説明。
この2時間のイライラを返せー。先に言われれば一眠りでもしてたのに。

そしてやっと最後の検査を終え、書類を一式と痛み止めを貰って帰ってきました。

既に一時を回ってましたが、玄関ベルを押すと夫の「どーしたーー」の声。
聞けば、友達の家で待っていたけどさすがに遅いと言うことで、事故にあったか誘拐されたかと心配になり、
私の通る道を何回か往復したり、警察に電話したり、友達と共に、警察署にまで行ってくれたり(「子どもや障害者じゃあないんだから、4時間くらい連絡とれなくてもねえ、、」と言われたそうで、まあ、その通りですが。)したそうで、朝まで連絡つかなければもう一度友達と一緒に警察に行くことになっていたそう。。

いやあ、申し訳ない。
iPhoneの位置検索もしたそうですが、電源落ちているとダメなんですよね。

一晩寝て、若干むちうち気味なのと、股関節や尾てい骨まわりが痛いことはありますが、なんとか大丈夫そうです。
医療費(検査費や救急車代)はどうなるのか??保険でどのくらいカバーしてくれるのだろう。
車の人の連絡先は周りにいた人が聞いてくれて渡してくれたけど、連絡すべきなのか?
警察からは病院にいるときに電話があり、状況説明を求められて終り。はてさて。
まためんどくさいことが待っているのでしょうか。(詳しい方いたら是非教えてください!!)


ひとまず、今日は夫の電話番号を覚えました。
一番違いなのでこれがわかれば自分の番号も出て来る仕組み^^
でも、例えば意識不明とかになった場合のことも考えると、いくつかの重要な連絡先はメモしていつも財布にでも入れて持ち歩いたほうがいいのかもしれないですね。

色々勉強になりました。
しばらく自転車は乗りたく無い〜〜〜〜

IMG_0337.jpg

リュックはワインまみれ。救急隊の人がビニールに入れてくれ、帰りは病院で患者の身の回りの物つめこんどく的なビニールバックをくれたので、入れて持ち帰りました。

IMG_0339.jpg

中身。見事にワイン粉々。
でもひっくりかえったときに実はクッションになって頭が守られたかも、、、と、いい方に考えてます。

IMG_0342.jpg

ジュータも心配してた??




現場に置いて来た自転車は今日夫が取って来てくれました。
自転車は無傷!




いつもありがとうございます!!ポチっとおねがいしますにゃ

banner_2014080301012504d.png

にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ


関連記事
スポンサーサイト



comment 10 trackback 0
back-to-top