FC2ブログ
09.17
Mon
終わりました〜。今年のベルリンマラソン。
この祭りも5回目!2013年の東京マラソンから始めた私のフルマラソンは年に一回ずつで6年目となりました。
そもそもが、2011年、地元のランニングクラブ主催の多摩川の5キロの大会に夫婦で参加(夫は10キロ)したのがレースに関心を持つきっかけで、本来学生時代は運動の中でも長距離が一番苦手。
まさかねー、これで女子の部3位でメダルを貰うなんて〜。後でわかったんですが、小さな大会だし、5キロは登竜門なので(ちょっと走れる人は10キロにでる)、早い人がいなかったんですよ笑

01_20180917191509b08.jpg 

まあそれで気をよくして雑誌読んだり普段のジョグにマラソンのトレーニングなんかも取り入れつつ、
多摩川や立川のハーフマラソに出たりして、それならドイツ行く前に記念参加で、って東京マラソンに申し込んだら当選してしまい、落選した夫の鬼コーチの元トレーニング。その甲斐あって、2013年の東京マラソンは初マラソンながら最後まで極端なペースの崩れもなくゴール!

後はやみつき、、、ということはなく、普通にベルリンに移住後もジョギングは続けてましたが、たまたま友達と食事した時に「明日ベルリンマラソンだよ。」と聞き、調べたら、家のすぐ目の前が10キロ地点。遅くまで飲んでいたんだけど、なんとか目を覚まし、9時半くらいに観に行くと、ものすごい勢いでトップ選手が目の前を通過!!眠気も吹っ飛ぶその勢い。
申し込みはレース直後からあったので、すぐに翌年の申し込みをしてしまいました。

2014年の最初のベルリンマラソン出場は、いろいろな面で緊張しましたが、なんといっても、夫にとって初マラソンなので、多分彼の方が緊張してたんじゃないかな。
この時は夫も同じグループ(4時間15分以降の記録保持者&記録の無い人)でスタートだったんですが、すぐにいなくなっちゃいました。それからは一つ上、二つ上、と上がってしまって、私だけ未だに最後尾のグループから抜けられてません。

1、2回目はベルリンの景色が目新しく楽しかったけれど、一部土地勘がなく、ぐるぐるとどこに行くんだ、なんだこの延々続く一本道は、、という疲れを倍増させる部分もありました。
しかし、今回はもう走りながらどこを走っているか地図と連動できる、人間GPS状態。給水場の位置も頭に入っているから、そこまで早く行こう、とかここは給水飛ばそうとか、もうちょっと行くと気分良く走れる場所、とか、後半とくに疲れた体を鼓舞する材料を与えることができました。
同じレースに毎年出る楽しさがわかってきた感じです。
一年に一回のベルリンでのフルマラソン。多分抽選から漏れない限り続けるんじゃないかな。

IMG_3806.jpg 

私なんて、ぐうたらランナーですが、というか、だからこそ?6年目のレースで初めて顔を一度も下げずに、前を見て走り続けるということができました。これは自分的には快挙!
しかもラストの5キロは楽しくて仕方ないという気持ちが疲労した足の悲鳴を凌駕してました。

折り返しまでは「まだ走るんか。大会中止にならんかな〜」なんて思いながら走っていたんですがね。足が元気なうちは精神が後半への不安を持っていてそれを足がカバー、後半は足は疲れてくるけど、精神が「もう後少し!早く走れば早く着く!」と、なるべく楽しいことを考えて体を押し出すんですね。
この体と精神と気分がバラバラに活躍するというのを体験したのは今回が初めてで、それはとても面白い体験でした。
どうなんですかね、夫に言ったら「今頃言ってんの?」みたいな顔されましたが。

レースとしては、前半自分の目標タイムに届くペースで20キロすぎからペースダウン。でもダウンし続けないように上げ下げしつつゴール、という感じの4時間55分でした。キロ8分とか出ちゃったんでそれは次回なくさないと。去年自己記録だった時は遅くなっても7分台だったんですよね。

夫はすごかったですねー、去年足の怪我が治らないのに出場し、私よりひどい記録で落ち込んでたんですが、今年は前半抑え目、ハーフからあげてますもん。後半上げるって、私には想像ができない。せめて現状維持。いつも現状維持を考えてペース配分しても、結局崩れていく。それを上げるって。。。前半抑え目で行ったから楽だった(本人談)とはいえ、21キロ以降にハーフをこれから走る気持ちに切り替えたんだって(白目)。
私がたどり着く前にマッサージまで受けて、ノンアルビール飲んでやがりました。

今年は天気が良くて気温も高くて私としては暑さ恐れてましたが、結果とても楽しく走れてよかった。
応援も去年に続きミリタのボードを掲げたミリ母さんそれからAちゃん、会えなかったけどキリちゃん母さんもいてくれた。ミリ母さんは37キロ地点でコーラ持って待ってるというので、直前の給水をせずコーラ(炭酸抜き目)を心の支えに走って行ったら何と、いない!!という恐ろし展開だったんですが、「給水に失敗したトップランナーがそれを物ともせず頑張る」というシチュエーションを思い起こし、次の給水まで必死で走りました。結局コーラは41キロ地点で会えたミリ母さん&Aちゃんからもらえました。美味しかったよ〜。ありがとう。
もう一人、先週たまたま仕事で知り合ったドイツ人女性が、パーカッションのグループで毎年沿道応援してると聞き別れる時「来週ね!」と言ってたら、本当に会えました。感激。18キロ地点で盛り上げてくれてました。

応援は本当に励みになります。

でも実は25キロから35キロくらいが自分的には一番モチベーションが下がる場面なので、その辺りに、二箇所くらい友達の顔、見えるといいんじゃないかな〜なんて贅沢なこと思いました。
17キロ、27キロ、37キロ、ゴール前、かなあ〜〜。

友達以外にも、日本の旗振っている人も見かけました。嬉しい。
日本人じゃないのに日の丸持ってるおばあちゃんもいました。「頑張って」って言ってくれた。

走ってた体感では、日本人がこの5回で最多だった気がします。日本語のTシャツちらほら見かけました。頭にパイナップルのグループもいたけど、なんでパイナップルだったんだろう笑
沿道の応援には応えられるけど、ランナーに声かけるのはなかなか照れくさいです。日本人同士なんかアクションできればいいんだけどなあ。

夫以外には美容師のTさんも連続出場中。彼女は本格的にトレーニングに励んでいるようで、私より全然早いです(30代だし!)。これまた励みになります。ベルリン在住ライターの中村真人さんも去年に続き出場していたみたいです。私と同じあたりの記録だと思うんだけど、お見かけしなかったなあ。中村さん効果でベルリンの日本人の参加も多くなってるのやもしれん。

IMG_3820.jpg 

来年の申し込みは10月17日から始まります。
もちろん、申し込みます。(なんか値上がりしてるけど!大会の運営考えるとしょうがないのかな。)
皆さんも是非!一緒に走りましょう。


P.S. yukiさん、調子どうですか?最近はどんなレースでてますか?へなちょこランナーの私ですが、ベルリンでお会いできるの楽しみにしてます!


過去のベルリンマラソン記事リンク
2017 
2014(この年は記事にはなってないですが)





いつもありがとうございます!!ポチっとおねがいしますにゃ
 ↓
 にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://maconeco.blog.fc2.com/tb.php/1071-263f7d04
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top