07.08
Mon
ドイツに移住するにあたっては、猫の輸出準備を半年前から始めました。
7月くらいからネットで下調べ。
9月に獣医さんに行き相談。出発までの注射などの予定を組みました。
そして、航空会社の選択。

獣医さんの予定は
12月にマイクロリップ挿入後、狂犬病一回目。
1月に2回目。
短期で日本に帰国の場合の場合は抗体検査も必要ですが、私たちは一年以上滞在予定なので、これは必要になったらドイツの獣医さんで行うことにしました。

航空会社はなるべく安い運賃でペットにやさしい会社。
なおかつできるだけ短時間、ということでスイスエアーに。
猫とキャリーの総重量が8キロ以下ならキャビンに一緒に乗ることができます!

問題は猫が三匹に対して人間は二人ということ。
一度に運ぶとなると、一匹は貨物室になります。
大型でキャビンに乗れないならともかく、乗る資格があるのにそんなところに入れられるのは可哀想。
というわけで、住居がきまり、ビザも発給されるであろう3ヶ月後をめどに一旦一人が帰国し、残った一匹を連れてこよう、ということにしました。

そしてそれが決まると、次の問題は「じゃあ、どの猫を最初に連れて行って、どの猫を置いて行くか」。
ジョイジョイが18歳と高齢なので、当初は彼女を預けて、他の二匹で様子みてから、とも思ったのですが、離れてる間に具合が悪くなったら困るし、最終的には獣医さんのOKも出たので、高齢親子のジョイジョイとジャンゴを連れて行き、ジュータは知人に預けることに。この決断はかなりぎりぎりになりました。

検疫所の申請はネットで全て行いましたが、3匹全頭申請し、出発10日前くらいジュータの申請を取り消しました。
3ヶ月後には会えるとはいえ、なんとも切ない決断でした。

(猫の輸出手続きの具体的手順はこちら

0708−2  0708−1
ジョイジョイ        検疫終えて搭乗待ってます






スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://maconeco.blog.fc2.com/tb.php/2-fee43db4
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top