12.30
Mon
28日土曜日の時点で日本郵便の追跡で「不在のため持ち帰り」、
DHLで「Sendung wurde zugestellt an CUSTOMS: Frau DITTMANN*」
と出ていた我らが日本からの荷物ですが、
今日日本を出てから13日、やーっと手元に。

写真 2

昨日書いたように、やはり税関留め置きでした。
DHLから手紙が届いていたので、
リングを半周、取りにいってきました。

何が問題なのかはさっぱりわからないです。

税関オフィスでは、、まず手紙を見せて、中身はギフトであること、主な内容は食材であると告げて番号札を貰い、呼ばれるまで待ち、呼ばれて中に入るとカッターを渡され自分で荷物を開けるよう指示され「チースや肉は無い?」と聞かれたので「無い」というと、開けた中身の上の方をちゃちゃっとひっくり返して「さ、どうぞ」。

課税されるわけでもなし、中身抜き取られる訳でも無し。。。

おいおい、何の嫌がらせなの?

次からは食材はEMSで送ってもらうのはやめます!
高いお金払っても、スピード便でもなんでもないし。

まあ、でも年内に手元に届いて良かったです。
明日税関お休みということで、ぎりぎりセーフ。

ああ、お雑煮がたべられるーー。

猫さんたちには鰹節。
特別です!!


スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://maconeco.blog.fc2.com/tb.php/39-3c8988de
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top