02.15
Sun
おととい授業で「あなたにとって音楽とは?」をテーマに話したりしたのですが、音楽そういえば、あまり聞かないなあと。家にいるとほぼ無音。ものすごく集中してあるミュージシャンを聞いたりするときもありますが、日常に音楽は無い。といって音楽に興味ない訳では無い。人よりは詳しいジャンルもあったりする。好き嫌いはかなりある。
話したクラスメイトはいつもそのときの気分で色々な音楽をかけながら過ごしているという。「音楽は生活に無くてはならない!」と。

そして、また別のこと。今日までベルリン映画祭をやっていますが、去年も今年もまったく見にいかず。
映画に関しても、映画館に行くのは年に1度か2度。話題作を追いかけることはないけれど、10代のある時期名画座に通ったり自主映画を撮ったりもの凄く映画に近かった時期がある。しかし今は特別なインプットとして映画を必要としていない気がする。

演劇やダンスなどの舞台は本当に好きなものしか見ない。でも日本よりベルリンのほうが面白いものが見れる確率が高いので、実験的なものもこっちに来てからは観に行くようになったかな。

では、アート。ベルリンにはギャラリーがたくさんある。最先端アートに触れる機会も沢山。映画や音楽に比べると美術館やギャラリーに行くことの方が頻度は高く、刺激もある。とはいえ、じゃあおっかけるほどに行っているかというと、そうでもない。今はひたすら次のドクメンタを心待ちにしているくらい。

文学は心の栄養。とはいえ、これまた新しい物より自分の持っているものを再読することのが多いこのごろ。本に埋もれるような本の虫では無いし、幅広い読書家ではない。好きなジャンルを掘って行く感じ。音楽の聞き方と似ているかも。まったく読まない時は読まない。

スポーツ。ジョギングはしなければいけないのでしている(今日からまた再開するのだ!)けど、身体を動かすことは元々あまり好きではない。。。。。


年を取るってこういうことなのだろうか。
なんというか、手当り次第にインプットができない。
折角ドイツにいるというのに残された時間を考えると「余計なことに時間は割けない」となる。

たしか洲之内徹が書いていたけど、20代にいい仕事をしてない絵描きはそのあといくら続けていてもそれ以上にはならない。って。

絵描きじゃないけど、若い頃にさんざんインプットしたからいいのかな。いいアウトプットしたかはさておき。

シナロケのシーナも死んでしまって、自分を振り返ったり、なんだかそんなあれこれを考えてみた日曜の午前中なのでした。



まあ結局,何が好きって、動物が好きなんですがね。
あれです、町で犬みると、電車の中で乳児に会ったおばあちゃんみたいになっちゃうんです。
なんでお婆さんと言うのは赤ちゃんに話しかけるんだろう、ちょっとお母さん困ってるし、、、って良く思ってましたが、あれとほぼ同じです。

人生の何にも役には立たないのですが。
そこでほっこりしてエネルギーになるんですか、、、ね??


さてと、走ってきますかあ!


IMG_7098.jpg

いってらはい〜


いつもありがとうございます!!ポチっとおねがいしますにゃ

banner_2014080301012504d.png

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ


ベルリン猫目撃情報情報募集中!記事はこちら





スポンサーサイト

comment 8 trackback 0
トラックバックURL
http://maconeco.blog.fc2.com/tb.php/405-b786b4ac
トラックバック
コメント
自分の好きな事。
本当にそうなんです。僕もよく似ています。

音楽はなくても平気だし→しかし若いときはバンドを組んでいた。
美術鑑賞が好きではない→デザインの仕事はしているが。
スポーツ鑑賞は全く興味ない→やるのは嫌いではないが。
読書も最近はほとんどしない→若干文章を書くような仕事をしているが。
テレビも映画もあんまり見ない→ネットでちょこちょこ見るぐらい(違法行為)

だから趣味とか尋ねられると困るんですよね。
若いときはスキー、スキューバ、ロードバイクなどに
凝ってたんですがね、、。
これじゃやばー!ってこともあり、
ドイツなど、住む環境がかわれば、
少しは世の中に興味が持てるようになるかなと。
taizang | 2015.02.16 04:10 | 編集
シーナさんの訃報は突然だったので本当に驚きでした。若いころファンだった人の悲しいニュースを聞くと、いやでももう若くない自分を感じます。
10代~20代のように流行のもの(先取りのもの)をたくさん素早く食べていた時代に比べると、今は美味しいものを少しずつという感じですかね。絶対的インプットの量とスピードが減った代わりに「アタリ」を選ぶカンは上がった、みたいな。挑戦をしなくなったと考えるとネガティブになりますが、らせん階段を上がるように同じものを見ていてもより深く理解できるようになったなら、それは良いことかと思います。年を取るのは仕方のないことですが気持ちは若くいたいですね!そして私もmaconecoさんを見習って少し体を動かそう!!
miki | 2015.02.16 06:22 | 編集
taizang さん
おお、同士ですね。
ドイツ語の授業、そんなんばっかで、人生で一番だいじなものは、とか、政治や歴史に関心があるか、とかスポーツはあなたの人生にとって、、どか、音楽は?芸術は????そして、それはどうして????
「今あんまりいろいろなことに興味無いんです(もう若い頃とはちゃうのだよ)」とか本当のことを言うと絶対「なんで?」ってなって、説明するのが大変であります。だからその時一番無難な答えをする護身術が身に付いているのですが、ずっと同じ先生なので、「こいつ、いつも言ってることちゃうじゃん」って思われてるかもです(おほほ)。

でも多分自分の外側には自分の求めてる物はないんじゃないかと思う今日この頃であります。どうですかね??



maconeco | 2015.02.16 11:03 | 編集
miki さん

子供の頃小田急沿線に住んでいて、友達から「下北でシーナと鮎川誠が子供つれて歩いてるのみた!!めちゃかっこよかった」とか聞いてドキドキしたものです。(当時「めちゃ」という言葉は無かったですが笑)
mikiさんもシナロケ好きでした?うう。もっと長生きして欲しかったです。キヨシローの時はなんとなくその前から予想してたので「ああついに」という感じで送れたのですが(ショックはショックでしたが)、今回は急で本当にびっくり。そして残念です。80歳くらいまで歌ってて欲しかったなあ。。。。

「アタリ」を選ぶカン、確かにそれは上がったかもです。ちらっと見ただけ、聞いただけ、聴いただけ、においかいだだけ、で好きか嫌いか良いか悪いか本能的に選り分ける能力は格段に上がっていますね。そういわれれば。じゃあその能力は何が根拠か、というと、過去の経験でしか無い訳で、確かに年をとるのも悪くない!!
20歳くらいでもものすごく好き嫌いはっきりしていて、一芸に秀でていて、脇目も振らずその道に邁進している子がいたけど、良く言えばその天才に追いついてきたのかなあ(いやいや、笑)

maconeco | 2015.02.16 11:31 | 編集
"You may dream"は衝撃的でしたね~!鮎川まこちゃんカッコいいし(今でも!)音楽的にはその後大流行したテクノにハマったのでシナロケのファンというほどではないですが、シーナは今の言葉でいう「イケてるねーさん」という印象が強かったです。
キヨシローは一度だけライブを観たことがあって(坂本教授とコラボした「いけないルージュマジック」の時。ああ、歳がばれる^^;)妻の矢野顕子が同じ舞台にいたのに堂々と教授とキヨシローがkissしてキャ~~~~~!!!と絶叫したのを覚えています(すみません、自慢です)
でも不思議なもので、昔好きだった小説や音楽に数十年ぶりに触れて「やっぱりこれ好きかも」ということが最近多いです。「この道一筋の天才」は自分が絶対なれないからすごく憧れますが、寄り道をしたからこそ分かることもある(と思いたい)のでどちらもありだと思います。
miki | 2015.02.16 12:00 | 編集
mikiさん
かっこいいかっこいい〜〜!!
私が一番好きなのはYou may dreamの次のアルバムに入っていた「固い座席の汽車に乗り、小さな駅で一つずつ、I Love you のため息をつきながら、あなたを愛してく、、、」っていう歌。ちょっと可愛すぎますか?あのアルバムは良くききました。懐かしい。
RCのライブは武道館に1人で行ったことがあります。なんか当時もうメジャーで友達(インディー好き)には大きな声で好きとは言えず、1人で行ったのですが、いい思い出!糸井重里の主催した「ヘンタイ良い子白昼堂々〜(以下忘れました)」とかもキヨシロー目当てでこちらは学校の親友そそのかして行ったりしました。そっちは教授といっしょのバンド。。今調べたら音源が。"https://www.youtube.com/watch?v=yMF_1Io0CPI ああ、いい歌〜。って、1982年だそうです(笑)。若作りでブログ書いてますが、そろそろ年、ばれてますね。 mikiさんたぶん同世代!!
maconeco | 2015.02.16 12:32 | 編集
「ヘンよい白昼堂々大集会」(じゃなかったかしら?)私も行きました!!!当時高橋章子編集長の「ビックリハウス」の大ファンで、その流れでキヨシローも好きな友人たちを誘ってヘンよいに行ったのです。
あの時代のサブカルは最高でしたね~!(^^)!でも当時すでに私は高校生ではなかったのでちょっと上だと思います。精神年齢は低いですけどね^^;
武道館のライブに一人で言った経験のある同士って今までいなかったので、嬉しいです。年も考えずにその後に来たバンドブームの時は1人で武道館行って踊りまくってました!
miki | 2015.02.16 13:18 | 編集
おおおお!本当ですか?品川とかそっちの方でやりましたよね。
同じ所に居たと人と年を経てこうしてブログを通じて出会えるとは。。。
びっくり&めちゃめちゃ嬉しいです。
昨日書いた一緒に行ったという親友にもあの音源のURL送ったんですが、ノーレスです。一年ぶりとかにメールしたのに、中身それだけだったという。。。まあいいか(笑 ちなみに彼女も猫好き、猫飼いです。

なんか変な人いっぱいいましたよね。楽しかったなあ。
そのころ面白かった人達みんな立派にサブカル街道を歩んで大きく(?)なったけど、カルチャー自体はかつての勢いと元気がないので残念ですよね。
maconeco | 2015.02.17 14:28 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top