FC2ブログ
09.16
Wed
毎日のニュースのトップはシリア等から国境を越えてやってくる難民。
国境を封鎖する国、解放する国、ドイツはオーストリア国境で検問をはじめましたね。
日本にいると遠い話だと思うのですが、私はたまたま今自分の考えているテーマと合致する部分があり、故郷を遠く離れなければならない人達に興味があります。しかし、今の所、住んでいる地域で直接難民を見かけることはなく、まだ肌で感じる変化はありません。

ドイツが、EUがどう対処していくのか、それは関心ありますが、もうちょっと身近に、動いてくる人、その人達がコミュニティーに入ってくることで変わって行く生活を受け入れる人の状態にとても関心があります。

それはそれとして、昨日ふと思ったのですが、彼らのペットはどうなったんでしょうか?
モスリムの人々だから、犬を飼っていることは殆ど無いと思いますが、猫を飼っている家庭は沢山ある筈。
おそらく、まずは家族の中で若い者が単身ヨーロッパを目指し、それか家族を呼び寄せると言うパターンが多いのだろうから、ペットは第一陣で連れて行くことはないんだろうけど、、、、

と、思って検索してみたら、いました。猫つれて。
とはいえ、非常にレアなケースだと思います。

ふむ。私ならどうするだろう。

今例えばドイツと日本が戦争になって、身の危険を感じて受け入れ表明してる(例えば)イタリアまで歩いて逃げるとき、猫を連れて行くか、はたまた。。。。

連れて行けば猫のストレスも激しい、置いて行っても餌も上手く取れず、ひょっとしたら寿命まで生きるかもしれないけど、病気や怪我で苦しんで死ぬかもしれない、それなら、戦争中の動物園のように、飼い主の責任で安楽死させて行く???猫にとっては何が一番いいのか??

まあ、多分私は連れて行くんだと思います。
飼い主と一緒がいいに決まってる、というのは自分の思い込みだとは思いますが、自分と猫のことを考えて、連れて行く。
しかし、もし小さな子供がいたら、、、年老いた両親と一緒だったら、、、、
状況によっては決断を迫られることもあるかもしれない。

そして、そういう決断を迫られて、泣く泣くペットと別れてきた難民の家族も居るんだろうなあと思うと、非常に切ない気持ちになります。


IMG_8687.jpg


ペットの幸せは飼い主の幸せ。。。



いつもありがとうございます!!ポチっとおねがいしますにゃ

banner_2014080301012504d.png

にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ


ベルリン猫目撃情報情報募集中!記事はこちら
スポンサーサイト




comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://maconeco.blog.fc2.com/tb.php/612-fc52c431
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top