FC2ブログ
12.11
Fri
一人っ子暮らしも慣れてきたのか、ジュータの居場所が広がっています。

以前はベットやソファーに上がることはめったなかったのですが、このごろ朝方ベッドの足元にのっかっている確率が高く、ソファーでだらっとしているといつの間にか寄り添っていたり。
今も人のいないベッドの上でひとりちんまり座ってます。

柔らかい物の上にのらないというのは、飼い主として物足りないけど、カバーや服に猫の毛が付かないという利点もあって、それはそれでジュータのいいとこでもあったのですが、、、ついに進出ですか〜〜。
うむむ。

嬉しいような、やめてほしいような。複雑な飼い主の心情。


FullSizeRender-3-1_20151212010927440.jpg

その小さな脳みそで、なーにを思っているのかな?




banner_2014080301012504d.png

にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ


ベルリン猫目撃情報情報募集中!記事はこちら
スポンサーサイト




comment 2 trackback 0
トラックバックURL
http://maconeco.blog.fc2.com/tb.php/688-b857545e
トラックバック
コメント
一人っ子になると、変わるようですね。
今の子達が来る前にいた、10歳超えて一人っ子になった子は、
少し自由に振舞っていました。
ご飯独り占めは、嬉しかったみたいで、それまで絶対口にしなかったウェットも食べるようになりましたし。。。
(蚤取りの飲み薬をウェットに混ぜたところを見られて以来、何年もウェットを食べない頑固者でした)
但し、私の枕で寝ていたお兄ちゃん猫のいた場所には絶対来なかった。
不思議です。
mya | 2015.12.12 05:00 | 編集
myaさんのおうちでもそうでしたか〜。

ジャンゴは人にも猫にもまとわりつくタイプでは無かったんですが、存在感は大きかったんだと思います。
傍若無人風ジュータですが譲ってたんだなあ。猫にも犬のように序列はあるのかもしれないですね。
今でもジャンゴの定位置のソファーには乗らないし。

ほんと、不思議ですね。
maconeco | 2015.12.12 12:05 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top