FC2ブログ
08.14
Sun
20キロ走から帰って来て、リオの女子マラソン最後の2、3キロのところだけ見ました。
私が20キロ走る間に彼女たちは42キロ走ってますからね〜。
何が何やら。。

初めてのコースでしたが、信号の少ない一本道でとても走りやすかったです。
今回夫がいつもやっているという、音声案内を聞きながら走ってみたのですが、これ、便利ですね。
これまでは、長距離を走る時は事前に地図をみて、大体頭にいれて、分からなくなったら画像にしておいたコースを確認する、という手段を取っていたのですが、何を時代遅れな!
通信速度遅いとできないと思い込んでましたが、やってみたら問題なかったです。

ところが、iPhoneの充電が十分でなく、そのために持って来た充電器の電池も十分でなかったようで、14キロ地点でバッテリー切れ。
やはりそういう時は、アナログの力ですよね。おおまかな記憶とバス停の地図頼り。
(私は地図がよめるのです!笑。しかも体内GPS結構精度よし)
ちゃんと目的地に辿り着きました。

とにかく20キロはクリア。
道ばたの木陰でささっと着替えて(ベルリンなので笑)、湖観光。
と、その前にアイス。
S3のFriedrichshagen駅すぐ、バス停前にEisの文字。バスを待ちながら地図をみながらアイスの至福。。
駅から湖までは一本道。バスかトラムで4駅ほど。道沿いはなんとなく観光地の雰囲気。歩いてもおそらく2キロ程ですが、まずは疲れていたのでバスに乗りました。
バスを降りて小道に入るとなんというか、建物がベルリンじゃない。パリ郊外というか、ポルトガルというか、まあ、ベルリン以外のドイツの街というか、古くて素敵なたたずまい。

湖畔も芝生とカフェ、レストランがリゾート気分盛り上げます。
湖、でかい。
あとから調べた所、もっとはずれの方にはビーチもあるみたいです。

ビールでも飲みたかったんですがね、、、一緒に走りにでた夫は15キロ地点で折り返し、本日30キロ走。
1人だったんでくるっと見回して、今度は歩いて戻りました。
日曜なんで殆ど閉まってましたが、観光地っぽいおしゃれなお店が並んでいて、こちらの建物もベルリン市内とは違う。。。
すべからく、リゾートな、観光地な、軽井沢な???

お金持ちそうな身なりの初老のグループがレストランで談笑していたり、近所に住んでる人の日常というより、随分リゾートくさかったです。

ベルリン市内観光も出られるし、のんびりリゾートとベルリン観光をセットで楽しみたいドイツ人ツーリストが多いのかなあ。
どういう位置づけの街なのかは、結局謎です。こんどベルリン人に聞いてみよう。

帰ってネットで検索してみると、湖近辺の一軒家を一週間単位で貸しているサイトを発見。
ちらっとみたところ、リバーサイドのおおきな一軒家、4−5人で一週間600−700ユーロと。
夫に「今度夏親戚が来たらそういう所をとってあげればいいんでない?」と提案するも、
「何するの?」と。やっぱり日本からきたら観光案内でしょう、で一致。
それなら来年、ジュータつれて夏休みをのんびり2人ですごしましょう、ということになりました。

なんといっても電車で30−40分くらいですから、ジュータにも負担無し。実現するといいなあ。

IMG_2854_20160815050801533.jpg

駅のちかくの公園では蚤の市やってました。
また来週も同じ方向で30キロ走る予定なので、こんどはばっち写真撮ってきますね。



いつもありがとうございます!!ポチっとおねがいしますにゃ

banner_2014080301012504d.png

にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

スポンサーサイト




comment 6 trackback 0
トラックバックURL
http://maconeco.blog.fc2.com/tb.php/843-d33d8999
トラックバック
コメント
地図が読めて、体内GPSの精度が良いなんて羨ましい!超方向音痴なのでひたすら尊敬です(地図を見ながら道を間違うのは日常茶飯事)市内で愛猫と一緒にリゾート気分が味わえたら最高ですよね。飛行機はやっぱり負担かかりますからね。
ところでベルリン(ドイツ)って日本みたいな感じでペットが電車に乗れるんですか?以前、イスラムの方にとって犬は悪魔の生き物(のようなもの)と言われたので、犬と一緒のときは極力車で移動、最低でもタクシーにしていました。ベルリンにもいろいろな宗教の方がいるでしょうが、そういう日常レベルの日本との違いとかありますか?
miki | 2016.08.18 09:37 | 編集
mikiさん
そもそも地図を見るのが大好きなんです、子どもの頃から。ふふふ。
電車はペットOKです。日本はキャリーに入るサイズまで?大型犬をリードでは乗せられなかったような?
こちらは、例えば散歩の途中で雨が降ったらそのまま一緒にバスもトラムも地下鉄も乗って大丈夫です。
飼い主の足元にちょこんと座っている大型犬はかわいいですよ。
確かに、イスラムでは犬を不浄のもの。イスラム系の人達が犬連れているのは1、2回しか見たことありません。
でも犬連れの人ががそれを気にしているかというとそういうことはないと思います。
以前パリ在住の方のブログで、信号待ちで飼い犬をアラブ系の人に蹴っ飛ばされたっていう記事は見たことあります(特に小型犬は命にかかわるので飼い主の注意が必要とあったような。。)。
イスラムといっても色々なので、ドイツに多いトルコ系の人とパリに多い中東、アフリカ系の人との違いもあるのでしょうか、ベルリンでそういった話は耳にしたことないです。
しかし、中東からの難民も増えてきているので、またあらたな問題が出るかもしれませんね。
猫は勿論無問題で移動できます。でも、以前タクシーにジャンゴを乗せたら、犬連れタクシーで、ありゃりゃとなったことがありました。犬が多いから猫は移動中は慣れていてもキャリーからは出せないですね〜。猫散歩もこっちは平気だとしてもノーリードの犬が多いから難しいかも。
maconeco | 2016.08.20 17:07 | 編集
お~!ベルリン良い街!!
かつて身長180くらいありそうな立派な体格の男性が我が家の5キロにも満たない犬を見て、大げさじゃなくホントに3メートルくらい後ずさっていたので(まさに♪ダンシングオールナイトのもんたよしのり状態←古すぎ!)ちょっと気になっていました。大型犬が飼い主の足元にちょこん…いいなぁ☆☆☆動物に優しいということは飼い主にとって何より大事ですよね。
miki | 2016.08.21 00:20 | 編集
mikiさん、犬も飼っていたんですか?
ところで、もんたよしのり好きでした〜。でもその後ずさり状態が思い出せない〜〜笑
maconeco | 2016.08.21 19:45 | 編集
https://www.youtube.com/watch?v=n0l6KKo5_E8
サビの前の後ろに下がる動きに注目!です。印象としてはもっと勢いよくダーって感じだったんですけど…
シンガポールは犬(シーズー)と一緒でした。駐在で行ったので往復ビジネスに乗ったセレブ犬?でした。
miki | 2016.08.21 22:08 | 編集
見ました〜〜。なっとくの引き!!それにしてももんたよしのりが若くてびっくりしました。
当時は童顔のおっさん、っていうイメージでしたが。。。

ビジネスですか。羨ましい〜〜〜。シーズーは機内OKなんですね。猫よりおとなしくしてそう^^
maconeco | 2016.08.23 20:44 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top