FC2ブログ
12.27
Tue

一人暮らしリッチマンの家でのパーティーには行ったことがあって、それは想像どおりに美しいアルトバウ、一人暮らしの男性とは思えない食器類やキッチンの充実、仕事部屋やらベッドルームやら客間やら広すぎるほどで、東京の4人家族の一軒家だってこれより小さいところはいくらでもあります!と、怒ってしまう程でしたが、、、、


昨日ご飯に招かれたのは同じ独身男性とはいえ、生業不明のクラウンパフォーマー。普段身なりを気にするでもない、一般的我々の周りの貧乏ベルリンアーティストなので、部屋もさぞカオスだろうと想像して、それはそれで楽しみにしてたのですが、行ってみてびっくり。


リングの駅からもUBahnからも直近のアルトバウ。一人暮らしには十分な間取り(50〜55平米くらいかな)。ドイツでは一人暮らしでもベッドルーム、リビングルーム、キッチンは基本ですからね。うちは一部屋が大きいとはいえ、本来学生の一人暮らし向きって感じでしょうか。(日本人だとカップルや友達同士でも住んでしまう広さ。2人でも十分、と思える感覚が悲しい日本の住宅事情を物語る😭)

キッチンではがっつりお料理してくれてました。

鍋や皿も思ったより揃ってる!!

話に聞いていた水回りは自分で直したということで、システムがなんだかちぐはぐだったけど、なんでも自分で直しちゃうみたいで、パソコンなどももの凄く古いものを直して使ってるとか、テレビももらいもののブラウン管。

音響も古そうだったな。いやしかし、学ぶべき物が沢山です。

そして、リビングに入ってまず目に入ったのがこちら。


IMG_3976.jpg


石炭の暖房器具です。

リビングとベッドルームにあるけど、リビングのだけで十分だって言ってました。

左側面の下に石炭をくべる口があって、周りは全部タイル。触るといい感じにあたたかです。

写真に見える口には手袋が干してありました。

オーブン?何?って聞いたら本人もよくわからんってことでした。

ちなみに、このアパートの中でコールハイツングは彼の部屋だけだそうです。


アパート探す時、もの凄く家賃が安い、と思うと石炭暖房だったのを思い出します。

家賃や暖房費が安いのは魅力的でしたが、もろもろの手間を考えると諦めざるをえませんでした。

石炭を一年(一冬)分を買ってケラーに保管。

必要な分を取りに行く手間、毎朝火をつける手間、便利になれた現代っ子(?)には言って見れば贅沢品です。


野菜たっぷりのご飯とおいしいゼクトを飲んで帰宅したのは12時過ぎ。

クリスマスの夜は本当に静かでした。

そして、今日もクリスマス3日目のドイツ。

奇麗な格好の家族連れをみかけると、日本のお正月の景色と重なります。


うちのクリスマス


IMG_0862.jpg


クリスマスっていうか、鏡餅?


ちょっと位置を変えてみました。どうかの?


IMG_0863.jpg 


しーん


IMG_0864.jpg


コスプレはんたいにゃ〜!




今日のキリちゃん(5日目)


ドア開けたら速攻駆け寄ってきてくれました。


IMG_0877.jpg


IMG_3980-2.jpg


ごはんごはん→あそべあそべ→トイレ

の流れは前日同様。

今日の目玉はおしっこのあとのうん●!

こやつ、埋めないタイプでした笑


日に日に滞在が延びるなあ。


IMG_3997.jpg


最後は玄関前の段ボールに入ってばいばい〜〜。

又明日。


明日が最後です!





いつもありがとうございます!!ポチっとおねがいしますにゃ
 ↓
 banner_2014080301012504d.png にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
スポンサーサイト




comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://maconeco.blog.fc2.com/tb.php/907-23dd9267
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top