12.29
Thu

最近良く会うドイツ人女性。


彫刻家であり、同じくアーティストのパートナーと2人で活動していています。私と同じアラフィーで、20代の娘が居ますが、娘は学業の関係で地方都市に暮らしてます。パートナーとはかれこれ10年以上のつきあいのようですが、同じアパート内で別々に暮らしているそうです。


彼女、会う時に良く野菜の切ったおやつや、ビオのお菓子やナッツ類、変わった(?)お茶など持って来ていたので、ベジタリアンかベーガンでナチュラリストなんだろうな、とは思ってたんですが(正解はベジタリアン)、こだわりはまだまだ。。

ネット環境を家から追放。今は一日一時間を図書館のコンピューターの前で過ごし、そこでメールのチェックや調べ物をする。水漏れも怖いし(ドイツでは良くある)、そのための保険に入るのも無駄なので、洗濯機は持たず、週に一度ランドリーに出かけている。

話を聞いていくと、アートに比重を置く為に、そのほかの生活の贅沢、無駄は極力縮小してシンプルライフを心がけているということがわかってきました。

他には例えば、公共交通網の定期は年間で買う(かなりお得)、美術館のパスもしかり。


けちではないんですよ。好きなことにはお金を使うし、付き合いも悪く無い。いつもにこにこ非常にチャーミングな女性です。一昨日書いたクラウンの彼もそうですが、人に合わせなければ、というプレッシャーからは解放されています。


ネット環境シャットアウトは仕事柄不可能ですが、スマホはいらないんじゃないかとベルリンきてからずっと思ってます。外出時、電話とSMS以外にはカメラ使うくらいなんだもん。家ではパソコンあるし。ああ、でもなあ、新しいものはやっぱり触れていたいんですよね。大分遅れてはいますが。


食べ物や着るものもできるだけシンプルな製造過程や流通過程を経たものがいいなあと思います。

着るものはセカンドハンドのお店や蚤の市で十分ですが、食品に関してはそういうものの方が高いという謎の方程式によって難しいんですよね。

「ベーガンやベジタリアンなんて贅沢病だよ」とは某知人の発言。

うーむ。


贅沢ではなく、何者(物)にもふりまわされず、自分にとっての快適な生活がおくれますように。

年の瀬に思ふ。


IMG_0892.jpg


ジュータの好きな缶詰はここのところ何故か他の種類より格安。

魚なので、人気ないのかもなー。ま、でもラッキーちゃん。





いつもありがとうございます!!ポチっとおねがいしますにゃ
 ↓
 banner_2014080301012504d.png にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://maconeco.blog.fc2.com/tb.php/909-c1ccd2b9
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top