05.24
Wed
昨日は生粋のベルリーナ&リンカップルの住むお家と、イタリア人アーティストのアパート2カ所をはしご。二軒とも初めて行ったのですが、どっちも羨ましくなる住居でした。

まず一軒目。Lichtenberg のFriedrichshain寄りの18階建てアパートの17階。ベルリンを東、南、西と一望〜〜。近くに高い建物がないので驚くべき眺め!
ティーンの息子、娘と4人で住んでいて、キッチン、リビング、息子、娘、自分たち二人の個室、それとミュージシャンなので録音やミキシング用の部屋。えーっと、全部で何部屋だ?ベッドルーム3部屋+仕事部屋+リビング+キッチン&バスルーム。70年代に建てられたノイバウなんで、新しいのに古いと言うか、綺麗ではないんですが(エレベーターとかも恐ろしい!)なななんと、これでWarmで700ユーロ!!!しかも何十年も住んでてその値段なんじゃなく、住んで2年!

この辺はクラブもカフェもレストランもないつまんない地区だと本人たちは言ってました。
確かに、コンサバな雰囲気。でも大きな公園もあるし、眺望も素晴らしいし、家で仕事する人にはいいのかも。まだまだこのあたりは安い上に、ベトナムセンターの近くでベトナム人も多いから、日本人でもアパート借りやすいんじゃないかとも言ってました。考えちゃうな〜。

ちなみにこのお家には猫様がいました。ノルウエージャンが混ざってるらしく大きくてフッサフサでした。ちょっと触れた。ふふふ

移動してNeuköln。Hermannstraßeからリングの外側に徒歩5分くらい。こちらは完全なアルトバウ。
30台前半でイタリアから来て数年のビジュアルアーティストの彼は、いつもフラフラしてるような感じなので、なんとなく小さな汚いアトリエ兼自宅を想像してたのですが、なんとなんと、中庭に噴水があって、高い天井のアトリエには動物の(ライオンかな)頭の彫刻の乗った柱とか、バスルームに入るのに3段くらいの階段がついてたり、、、不思議で落ち着いたアパートでした。部屋は広いキッチン+アトリエに使っているリビング+寝室二つ(一つは人に貸してる)&謎のバスルームとそこに通じる小部屋。
こちらは700よりはだいぶ高いと思いますが、、いくらなのか今度機会があったら聞いてみたいものです。
やはり、アルトバウ見るとこっちのほうがいいなーって思っちゃいますね〜〜〜。
(それにしても、お金なさそうなのに、、、ボンボンなのだろうか?謎。)

日本人のフリーランス(しかも貧乏)が家を借りるの難しいし面倒くさいので、私たちもすぐにここを動く予定はないのですが、うまく人から引き継げるといいなあとは思ってます。
今の家に不便はないですが、やはりもう一部屋、欲しい。夫とは同業なので、一部屋で寝食共にし、仕事もしてると色々と摩擦があるわけで、、、。アルトバウで4、5人用のテーブルの置けるキッチン+寝室+スタジオ+パソコン部屋(書斎)。欲を言えばこれに+リビングかな〜〜。はい、贅沢です笑
2部屋リビングサイズの部屋があるというのは特別ですよね。リビングをスタジオに使うのが現実的。
友達のドイツ人カップルのお家はその特別バージョンに近いんですが、考えるともてあましそうな気もする。掃除も大変って言ってた。特に窓掃除。(ドイツ人は窓掃除が好きですよね。。)

今まで色々なお家にお邪魔してますが、これぞ理想、というお家にはまだ出会ってません。
どこも帯に短し、襷に長し。いいと思っても家賃高すぎ、みたいな😉。
環境も大事だし。ああ、理想のお家に住める日は来るのかな?


IMG_1620_20170524180700eac.jpg 

撮らせてもらった作品の隅に頭の乗ったなにがしがちょっと映ってたので。
こういうやつ。柱は二つ。若造の住むアパートにこれ。。。

IMG_1624.jpg 

うちはただだだっ広いね。ジュータの運動場。


そういえば、昨日ベルリンに戻って初めて電車に乗りました。
天気もいいし、もっぱら自転車なので、電車乗らないんですよね。
まだ2週間ちょいか。ベルリンにいると時間の経過が日本の半分くらいです。

それでは、確定申告つづきやりまーす。



いつもありがとうございます!!ポチっとおねがいしますにゃ
 ↓
 banner_2014080301012504d.png にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://maconeco.blog.fc2.com/tb.php/960-163141a8
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top